四国の旅 (香川その5)・・・・・・・・総本山善通寺


総本山善通寺は弘法大師誕生の地として知られる四国霊場八十八ヶ所・第75番札所で真言宗善通寺派の総本山である。
高野山金剛峯寺、京都東寺とともに大師三大霊跡のひとつで、空海ゆかりの国宝や大楠があり、創建当時の伽藍配置が残されている。
総面積約45,000平方メートルに及ぶ広大な境内は、「伽藍」と称される東院、「誕生院」と称される西院の東西二院に分かれていて金堂、五重塔などが建ち並ぶ「伽藍」は、創建時以来の寺域。御影堂を中心とする「誕生院」は、弘法大師御誕生所としての由縁を今に伝えている。


DSC_6001善通寺 1


DSC_6001善通寺 2


DSC_6001善通寺 3


DSC_6001善通寺 4


DSC_6001善通寺 5


DSC_6001善通寺 6



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
関連記事
[ 2018/08/04 15:32 ] 写真 | TB(0) | CM(0)

四国の旅 (香川その4)・・・・・・・・金刀比羅宮参道


金刀比羅宮は古くから「さぬきのこんぴらさん」として親しまれている海の神様。参道の長い石段は、本宮まで785段、奥社までの合計は1368段にも及ぶ。参道から奥社までの石段沿いには大門、五人百姓、国の重要文化財「書院」。広い境内には重要文化財「旭社」など由緒ある建造物が点在する。参道の両脇には土産物やうどんの店などが並び、周辺には見どころも数多くあります。

DSC05641こんぴら (5)


DSC05641こんぴら (6)


DSC05641こんぴら (3)


DSC05641こんぴら (1)


DSC05641こんぴら (2)


DSC05641こんぴら (8)


DSC05641こんぴら (7)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
関連記事
[ 2018/07/31 14:47 ] 写真 | TB(0) | CM(0)

四国の旅 (香川その3)・・・・・・・・丸亀城「石垣の名城」


築城400年を誇る「丸亀城」は、全国に現存する『木造天守十二城』の一つ。丸亀城は「石垣の名城」と呼ばれ内堀から天守にかけて積み重ねられた高さ60mを超える高く美しい石垣は日本一といわれてる。”扇の勾配”と呼ばれる特長的で見事な曲線を描く石垣の美しさは、丸亀のシンボルとして多くの市民に親しまれている。

DSC05479丸亀城 (1)


DSC05479丸亀城 (8)


DSC05479丸亀城 (2)


DSC05479丸亀城 (4)


DSC05479丸亀城 (6)


DSC05479丸亀城 (5)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
関連記事
[ 2018/07/20 15:07 ] 写真 | TB(0) | CM(0)

四国の旅 (香川その2)・・・・・・・・名勝『栗林公園』


栗林公園は、400年近い歴史を誇る江戸初期の大名庭園。平庭部の広さは、東京ドーム3.5個分にあたる約16.2ヘクタール。背景となっている紫雲山を含めた面積は東京ドーム16個分の約75ヘクタールにも及び、国の特別名勝に指定されている庭園の中でも最大の広さを誇る。江戸時代初期の大名庭園として優れた地割り石組みを有する南庭、明治以降に近代的な公園として整備された北庭にわかれており、様々な景色を楽しむのができます。

DSC05413.jpg


DSC05448.jpg


DSC05440.jpg


DSC05453.jpg


DSC05455.jpg


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
関連記事
[ 2018/07/13 14:16 ] 写真 | TB(0) | CM(0)