高遠城(日本100名城)址公園・・・・・・・・長野県伊那市高遠町


戦国の世、武田信玄の五男仁科五郎盛信が織田信忠と戦い、壮絶な死を遂げた高遠城。
廃藩置県で城は撤去され、現在は「天下第一の桜」が咲き誇る美しい公園となっている。

******************************************************
高遠城の戦い(古戦場跡)・・・・・・現地案内板
天正10年(1582年)2月、織田信長は、信玄亡き後の武田氏の混乱に乗じて、一気呵成の攻略に転じた。
伊那口から嫡男信忠率いる5万の兵の進攻に、恐れをなした伊那谷の諸将城主は、城を捨て逃亡、あるいは降伏して道案内をす
るなど、織田軍は刃に血塗らずして高遠に迫った。
時の城主、仁科五郎盛信(信玄の五男)は、降伏を勧める僧の耳を切り落して追い返し、わずか3千の手兵をもって敢然としてこの
大軍を迎え撃った。古来「要害は必ず兵禍を被る」と言われるが、この城も盛信以下将兵決死の奮戦にもかかわらず、雲霞の如き
大軍の前には如何ともし難く、3千の兵はことごとく城頭の花と散り果てた。
城主盛信は腹をかき切り、自らの手で腸を壁になげつけて果てたと古書は伝えている。
この後、武田勝頼は、諏訪上原城から新府に退き、天目山で自害した。高遠城の戦いは、かの強大を誇った武田氏の最後の場と
なったのである。
******************************************************

DSC_2023高遠城址公園

天下第一の桜碑
DSC_2024高遠城址公園

桜雲橋
DSC_2027高遠城址公園

問屋門
DSC_2040高遠城址公園

石垣
DSC_2038高遠城址公園

タカトウコヒガンザクラ
DSC_2044高遠城址公園

太鼓櫓
DSC_2029高遠城址公園

新庄藤原神社
DSC_2033高遠城址公園

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
[ 2016/05/15 15:15 ] 長野 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syuumatu61.blog40.fc2.com/tb.php/1341-1d8dae58