富山城・富山城址公園(とやまじょう・とやまじょうしこうえん) その2


富山城は16世紀中ごろ越中東部への進出を図る神保長職により築城され、神通川の流れを城の防御に利用し水に浮いたように見えることから「浮城」の異名をとった。
戦国時代は佐々成政の居城であり、江戸時代には富山前田家の居城として、富山藩政の中心であった。
天守閣は戦災後(1954年)に建設されたもので当時を残すのは堀や石垣などだけで、この城跡が「富山城址公園」として整備され、市民の憩いの場となっています。
富山城の内部にある富山市郷土博物館では400年以上にわたる富山城の歴史が紹介されています。

DSC_2881富山城


DSC_2889富山城


DSC_2884富山城



DSC_2940.jpg

DSC_2938富山城


DSC_2944富山城

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
[ 2016/06/29 19:36 ] 富山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syuumatu61.blog40.fc2.com/tb.php/1358-498abb52