水郷近江八幡の町並み(八幡堀)・・・・・・近江八幡市宮内町周辺


八幡堀は、戦国時代に豊臣秀次(秀吉の甥)の居城八幡山城のお堀として築かれていたもので、防衛のための軍事目的と、琵琶湖と市街地を結ぶ商業、物流の要としての役割がありました。
近江商人の発祥と発展、また町の繁栄に八幡堀は大きな役割を果たし、江戸時代後期には近江国において大津と並ぶ賑わいを見せたといいます。お堀に沿って、白壁の土蔵や旧家が立ち並び、華やかだった当時の様子を偲ぶことができます。

DSC04823.jpg


DSC04821.jpg


DSC04827.jpg


DSC04831.jpg


DSC04836.jpg


DSC04834.jpg


DSC04841.jpg


DSC04818.jpgDSC04803.jpg
DSC04845.jpgDSC04843.jpg


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
[ 2018/05/20 12:08 ] 滋賀 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syuumatu61.blog40.fc2.com/tb.php/1405-3c2fcc39