平等院鳳凰堂(1994年に世界遺産に登録)・・・・・・京都府宇治市宇治蓮華

平安の栄華を今に伝える平等院は平安時代の後期、1052年に関白藤原頼道(よりみち)が、父道長の別荘を寺院に改めたもの。「鳳凰堂(ほうおうどう)」は、その翌年に阿弥陀堂として建てられ、仏師定朝(じょうちょう)の作になる阿弥陀如来坐像が安置されている中堂と、左右の翼廊、背面の尾廊から成り立っています。大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な宝相華文様や極彩色の扉絵で装飾されています。


南門
DSC04866.jpg

鳳凰堂
DSC04887.jpg


DSC04879.jpg


DSC04908.jpg

鳳凰
DSC04911.jpg

浄土院
DSC04867.jpg


梵鐘
DSC04919.jpg

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
[ 2018/05/23 12:31 ] 京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syuumatu61.blog40.fc2.com/tb.php/1406-78d54c60